ご安置・お寺などへの連絡

安置場所はどうやって決めるのですか?
一般的には慣れ親しんだご自宅の場合が多いです
お通夜の会場(=葬儀式場)へ搬送するまでの間、ご遺体をご安置いただくのですが、一般的には慣れ親しんだご自宅でご安置される場合が多く、葬儀社が搬送します。また、ご自宅でご安置できない場合は、葬儀社の担当者と打ち合わせをし、式場の安置施設などを利用します。
ご安置した際にはどんなことをすればよいのですか?
お通夜までの間、「枕飾り」(お線香等を供える机)を整えてご安置します
枕飾り病院などからご自宅などに搬送したご遺体はお通夜までの問、「枕飾り」(簡易なお参り机)を整え、保冷剤を準備しご安置します。ご自宅では普段お使いになっていた寝具で、ごく近しい方々とご自宅での別れの時を過ごしていただき、お通夜の会場へお送りします。 (※枕飾りは葬儀社が用意します)
ヒント
この間に、近親者と葬儀社の担当者とで葬儀についての打ち合わせをして、必要な準備をします。
お寺への連絡はどうすればよいのですか?
菩提寺などがございましたら、このタイミングでお知らせしましょう(夜間は明朝)
お通夜と告別式の日時と場所の希望を伝え、僧侶のご意向を確認するなど詳細を確認しましょう。お寺や僧侶といった法要の依頼先を持たない場合は、早めに葬儀社に相談しましょう。