社長挨拶

社長挨拶
株式会社 北関東互助センター
代表取締役 濱津 珠江
「お客様のお役に立つ」という観点で、幅広いサービスを提供していきます。

当社は、2014年に創業40周年を迎え、次のステージへ向かう飛躍の時期を迎えております。

創業以来、旧態依然とした冠婚葬祭業の考え方ではなく、生活者の立場から必要とされる施行サービスを考え抜き、「時代に合ったセレモニーの提案」を提供してまいりました。 すなわち、「クライアントの意向を汲んだ、大切な人のための式典」によって、これまでにない式典の価値観を、お客様にお届けしてきたのです。

昨今、少子高齢化の進行から冠婚葬祭に関する情報量が増え、さらに「家族葬」を執り行う葬儀社も増えてまいりました。 しかしながら一方で、低価格で合理化・簡素化された式典を結婚式は「地味婚」、葬儀を「家族葬」と称し、大切な人との、誓いのや、お別れの時間を軽視した風潮も見られるようになってきております。

そこで当社は、一歩踏み込んで「お客様のお役に立つ」という観点で、幅広くサービスを提供していきたいと考えております。 従来の冠婚葬祭業の枠組みに捉われず、お客様の望みを形にした演出や、直面する現実、心配事やお困り事などを一緒に考えながら解決をしていく、そのようなサービスの提供です。