故人との思い出が詰まっている品々... どうされていますか?

遺品を整理していると、故人との思い出が詰まっている品は、なかなか捨てづらいものです。
写真や直筆の手紙など、特に思い切って処分しづらい...という声が多いのが、
人形やぬいぐるみです。
そんな品々を処分する時に、「供養」を行うことも遺品整理にとって重要になります。

北関東互助センターグループでは、
『捨てるには忍びないゆかりの物を、きちんとした形で見送りたい』をテーマに
供養祭を開催いたします。

例えば...
・服、帽子などの衣類
・お盆飾り
・人形、ぬいぐるみ
・本、日記、小物
・写真、絵画

供養したいゆかりの物をご持参いただき、ぜひ供養式に参加してみませんか?

新盆のお困り事相談会

【北関東互助センター グループ】
家族葬・お別れ会から社葬など...
■はまつ斎苑
栃木県宇都宮市山本1丁目2-8
028-624-0123

家族葬ホール
■やなせ
栃木県宇都宮市簗瀬1441-5
028-611-3874

邸宅葬
■メモリアル さくら想
栃木県宇都宮市松原1-9-1
028-650-6100

PageTop